旅行記始めました。
旅行に行くと写真が膨大になります。
また、携帯からのアップを本サイトにすると、ちょっとエントリが多くなりすぎることもあり、旅行記専用のブログを立ち上げました。

更新日付はできるだけ実際の撮影時刻と忠実にアップしますが、更新順序はランダムになることがあります。
コメントのお返事は遅くなったりできなかったりすることもあるかと思いますが、ご容赦くださいm(_ _)m
[PR]
# by kojiro-trip | 2012-07-28 07:17 | メモ
後立山連峰縦走(7)人
山ですれちがった人たち。

c0127342_672233.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
女性の2人連れ。一日の行動が終わり、これからテントで一休み。
冷池のテント場にて。


c0127342_674299.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
鎖場を下る男性。70越えてるとのこと。気をつけて。
唐松山荘近くにて。


c0127342_67519.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
小さな子供にとってはどんな風景?
丸山ケルンにて。


c0127342_6103227.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
山頂でご来光を待つ人たち。
唐松岳山頂にて。


c0127342_6104644.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
フジのロゴ入り雨具を着たたぶんテレビのスタッフ。何の撮影かな。
「こんな山来るなんてオスタカ以来だよー」との声が聞こえた。
爺が岳山頂にて。


c0127342_61115.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
雲海に向って下る2人連れ。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-08-01 11:30 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(6)朝
雲が多めで、朝焼けはあまりさえなかった。

c0127342_6172621.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
ご来光。
地表の空気が2層に分れていて、下の層からの日の出の瞬間のようにも見える。


c0127342_6174132.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
剣岳。
空気が澄んでいれば、モルゲンロートに照らされた姿が見られるのだが。


c0127342_618424.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
五竜岳と、黒部峡谷を隔てて剣立山。


c0127342_6181621.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
五竜岳。
雪渓の色がかろうじてピンク。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-08-01 11:23 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(5)星空
夜は晴れ。満点の星空。

c0127342_6231468.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
昼間はガスの中だったが、日が暮れて晴れてきた。
雲海の上に剣岳と星が。


c0127342_6233620.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
さそり座周辺。星を撮るために持参した50mmで。
それにしても固定撮影で銀河がここまで撮れるとは。さすがデジタル時代。
Hαの感度が低くて散光星雲が地味なのがさみしいが。


c0127342_6234944.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
明るい星は木星。赤い線は飛行機。
木星がいれは、F4でもAFでピントを合わせられるのでたいへんありがたい存在。


c0127342_624514.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
21mmで天の川。背景の山が明るいのは、山小屋の灯り。



c0127342_6241513.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
35mmで天の川。F4のズームでもここまで写る。
ISO1600なのでノイズはご愛嬌。


c0127342_6243048.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
唐松岳と、これから水を汲む姿勢の北斗七星。


c0127342_6244571.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
剣岳。稜線が一番下がったあたりに見えるのが富山市の夜景。


c0127342_6245351.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
↑から4時間後。
ほとんど沈んだ天の川。


c0127342_625312.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
↑とほとんど同じ方角。
星の撮影ではホワイトバランスがどうあるべきかは撮影者の好み次第。
↑は太陽光、これはカメラ任せ。


c0127342_6251052.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
白鳥座からたて座までの天の川。


c0127342_6251810.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
白鳥座。北アメリカ星雲もくっきり。
絞りF2.2では周辺部の収差が目立つ。。

c0127342_6252942.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
こちらは冷池から。
剣立山は少し遠くになりました。
横ノイズがうるさい・・


c0127342_6254632.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
爺が岳と大町の夜景。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-08-01 10:21 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(4)岩と雪
テーマ別にエントリが続きます。
岩肌と雪渓。

c0127342_1845410.jpg

EOS5D EF70-200mmF4L
IS
深い岩溝に途切れ途切れに残った雪渓。
背骨のようにも見える。


c0127342_18454867.jpg

EOS5D EF70-200mmF4L
IS
後立山連峰の安曇野側は、季節風の関係で谷には深い雪が積もり、雪渓が遅くまで残る。



c0127342_18453921.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
雪渓の上の黒い筋に、自然の侵食の跡が垣間見える。



c0127342_18452761.jpg

EOS5D EF70-200mmF4L
IS
不帰ノ険の岩場。
ごらんのとおり木が多いので夏場は登攀対象にならないが、冬から残雪季にはなかなかのバリエーションルートになる。

c0127342_18455747.jpg

EOS5D EF70-200mmF4L
IS
不帰ノ険アップ。
いつかは登ってみたいもの。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-08-01 09:43 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(3)爺ケ岳を越えて扇沢へ
3日目。
今日は種池経由で扇沢に下山するだけ。
朝3時すぎにヘッドランプを灯して出発。目標は爺が岳で御来光。
最近のLEDヘッドランプは明るくて長時間持つので夜間行動に最適。

c0127342_1832514.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
頂上に着いたものの・・・ごらんのとおりの霧の中。

c0127342_18325821.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
たぶん200mも上空に上れば晴れているんだろうけど・・・


c0127342_1833477.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
時折太陽が透けて見えるが霧は晴れない。


c0127342_18331050.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
この状態が一番いい状態でした。
一瞬穂高が見えたりもしたんですが。

あきらめて6時前に頂上を離れ、種池山荘へ下る。

c0127342_18331914.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
種池山荘からひた下る。
なんと下るにつれて晴れてきたよ。あーくやしい。これなら5時に冷池を出ていれば、
稜線は晴れだったか。

c0127342_18332580.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
扇沢のバスターミナルが近くになってきた。
一気に下って7時すぎに扇沢に着いてしまいました。
信濃大町に8時に着いたのはいいものの、大糸線で2時間待ち・・・車を回収して帰還。

降りてみたらガソリンがググッと値上げされてて驚き。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-08-01 06:37 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(2)唐松から鹿島槍
唐松山荘の天場についた頃にはすっかりガス。
やることもなく飲んだくれて寝る(笑
そして翌日、五竜、鹿島槍を越えて、冷池までの長丁場。

c0127342_1823664.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
モルゲンロートがいまひとつさえない。
唐松を出てすぐの稜線から五竜岳を望む。


c0127342_18231799.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
振り返ると唐松山荘と唐松岳。


c0127342_1823317.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
天気がさえないときはモノクロにすれば締まります(^^;


c0127342_18234537.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
五竜はでかいな大きいな。


c0127342_18235596.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
そして五竜山荘に到着。
天気はイマイチ・・・冷池まで行くか、このまま日和って遠見尾根を下るか、うだうだ悩む。
結局GO。


c0127342_1824119.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
五竜の山頂では・・・案の定霧の中。

・・・この後、歩き続けること6時間。鹿島槍を越えて冷池に着きました。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-07-31 08:32 | 200807後立山連峰
後立山連峰縦走(1)八方尾根
2泊の予定で縦走に出る。
八方尾根より入山。下部では霧だったが、丸山ケルンあたりから霧が晴れる。

c0127342_189482.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
白馬三山を望む。
左から白馬鑓、杓子岳、白馬岳。

c0127342_18104797.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
南を向くと五竜岳。


c0127342_1811074.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
雲海から突き出した白馬三山。

c0127342_18111434.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
不帰ノ険。岩が荒々しい。

c0127342_18113624.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
白馬三山。アップで。

c0127342_18123247.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
さらにアップで白馬鑓。

c0127342_1821540.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
丸山ケルンを振り返る。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-07-30 11:07 | 200807後立山連峰
黒戸尾根から甲斐駒へ(2)
二日目。何とか晴天となる。
夜明け前に急いで出発。

c0127342_11372430.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
雲海の上の富士山と地蔵岳。
何もかもが青く染まる。


c0127342_11374523.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
はるか地平の向こうに朝陽がある模様。
雲が厚くて、太陽の姿と朝の光は射してこない。


c0127342_1138634.jpg
EOS5D EF70-200mmF4LIS
雲海から突き出た八ヶ岳。
荒海の上の孤島のよう。


c0127342_11382318.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
2時間足らずで頂上に着く。
陽も少し高くなり、仙丈岳を照らす。


c0127342_11383866.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
山頂の碑。奥は北岳。


c0127342_11384580.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
甲斐駒は山岳信仰の対象になっていて、尾根上に石碑や青銅の杖、剣が点在している。


c0127342_11385441.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
朝陽は今ひとつ強くない。富士山も霞み気味。


c0127342_1139250.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
北岳と農鳥岳。白峰三山は未踏なので、そのうち登ってみる予定。

c0127342_11391180.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
山頂から中央アルプス。
雲の層と霞の層にわかれているのがよく分かる。

c0127342_11392166.jpg

EOS5D 17-40mmF4L
鳳凰三山、白峰三山の稜線。南アはやっぱ山体がでかい。

c0127342_11393014.jpg

EOS5D 17-40mmF4L
稜線を下り、赤石沢の岩場群にかかる月。
花崗岩の登攀ができる良質の岩場だが、残念ながらここも登ったことがない。


c0127342_11394089.jpg

EOS5D 17-40mmF4L
だいぶ下って、八ヶ岳を遠くに望む。


c0127342_11531439.jpg

EOS5D 17-40mmF4L
この日の行動は7時間半ほど。昼前に竹宇駒ケ岳神社に帰還。
遠足?の小学生の団体に混じって、冷たい冷たい南アルプスの雪解け水を集めた尾白川で水遊び。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-07-24 05:36 | 200807甲斐駒
黒戸尾根から甲斐駒へ(1)
黒戸尾根経由で甲斐駒へ。
ワンデイで上るのが課題だが、今回は写真も撮りたかったので1泊。

c0127342_11254319.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
七丈の天場まで7時間ほど。
暑さはあまり苦にならなかったが、虫が多いのには閉口した。
天場がまた小屋から遠い。


c0127342_11255761.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
1日目の天気はガスでいまひとつ。
天場に着いて、ようやく少し晴れてきた。
地蔵岳のオベリスクが遠くに見える。


c0127342_11261935.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
12時前に天場に着いてしまったので、あとはすることなし。ひたすら飲んで寝るだけ。
[PR]
# by kojiro-trip | 2008-07-23 11:23 | 200807甲斐駒
稜線
山登りは、体力があればあるほと、行程も柔軟になるしなにより歩くのが楽しくなる。
今回の山行で、ワンデイハイクの可能性は結構広いものだと実感。
上高地~穂高とか、八ヶ岳全山とか。

c0127342_9342190.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
白峰三山。
右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。


c0127342_9343265.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
紅葉の斜面。
右が観音岳。


c0127342_9334256.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
稜線には巨岩がごろごろ。



c0127342_9345112.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
縦走路から北岳を望む。

c0127342_935187.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
空が青い。



c0127342_935845.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
巨岩群は、意外と表面はしっかりしていて硬い。
これならまじめにボルダリングの対象になるかも。

c0127342_9351856.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
岩、岩。


c0127342_9353272.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
そして岩。


c0127342_9354398.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
11:14 観音岳山頂にて。
ちょっとペースが落ちてきた・・・


c0127342_9355032.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
振り返ると富士山。
この縦走路ではいつも背後に富士山。



c0127342_936069.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
うーんセンサにでかいホコリついてるぞ・・・



c0127342_936294.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
とんがったのが地蔵岳のオベリスク。
あとでわかったのだか、てっぺんまでのぼれるらしい。
行っておくべきだった・・・・


c0127342_9364029.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
12:13 地蔵岳付近にて。
ここから夜叉神まで引き返す。
広河原に降りてバスで夜叉神までという手もあったが、トレーニングなので?
しんどいほうを選択。


c0127342_9365167.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
16:09、無事下山。
行程9時間24分。
クマ&クマと記念写真。


c0127342_9365957.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
帰り道。
サルの群れを発見。

このあと東京着19時。
中日VS阪神のクライマックスシリーズを見るために日帰りにしたのに、
すでに下柳が3点取られてました・・・(涙
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-10-13 12:57 | 20071013鳳凰三山
鳳凰三山
c0127342_11332988.jpg

c0127342_11332987.jpg

登山中
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-10-13 11:33 | 20071013鳳凰三山
縦走路
約15年ぶりに山に復帰して思ったのは、やっぱり自分は山が好きだったということ。
自分は15年分歳を取ったけど、山は前のまま。
でも温暖化のせいか、高所の登山道に、普通の雑草が増えたぞ。

c0127342_9203485.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
北岳。
北岳は、大樺沢にグリセード遊びに行ったことはあるけど、山頂まで行ったことはない。
山頂の手前の荒々しい岸壁は北岳バットレス(バットレスとは、山頂からきり落ちた胸壁のこと)。
トップレスやマットレスではありません。

c0127342_9204180.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
間ノ岳。
白峰三山はどれも登ってないので、来年の夏にでもワンデイにチャレンジしたいところ。


c0127342_9253419.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
樹林帯を越え、見晴らしの利く稜線へ。
富士山が顔を出した。


c0127342_9254113.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
富士山頂はちょっぴり白く見える。雪かな?


c0127342_9254979.jpg

EOS5D EF70-200mmF4LIS
北岳がますます迫力を持って迫る。
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-10-13 09:00 | 20071013鳳凰三山
夜叉神峠から縦走
トレーニングも兼ねて、長行程ワンデイハイク。
黒戸尾根も考えたが、もう少し楽そうな鳳凰三山夜叉神往復を選択。
コースタイム約14時間。まあ荷物も軽いので2/3くらいで行けるだろうと予測。

c0127342_94594.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
6:45 夜叉神峠の駐車場を出発。
昔は広河原まで車が入れたのだが、最近はここまでしか入れないらしい。
まあ歩けばよいのじゃ。

c0127342_95312.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
樹林帯の中、なだらかな道が続く。


c0127342_972851.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
視界が開け、稜線に出た。
峠の小屋まではあと少し。


c0127342_9115867.jpg

7:26 EOS5D EF17-40mmF4L
夜叉神小屋に着。
あいにくガス気味で展望は利かず。


c0127342_9131447.jpg

7:26 EOS5D EF17-40mmF4L
夜叉神小屋からは樹林帯のだらだらとした長い道が続く。
でも街中を走っているよりは、山を歩くほうがよっぽど気持ちいい。

c0127342_9144018.jpg

7:26 EOS5D EF17-40mmF4L
8:18 杖立峠着。
タイム的にはまあまあいい感じ。

c0127342_9154235.jpg

7:26 EOS5D EF17-40mmF4L
苺平を越え、視界が開けた。
紅葉と空がまぶしい。天気も上り坂!
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-10-13 06:45 | 20071013鳳凰三山
下山
c0127342_1259877.jpg

温泉入っていい気分。
電池ぎれに苦しめられましたが、好天に恵まれ最高の北アルプスでした。
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-25 12:59 | 20070824槍ヶ岳
山頂
c0127342_13545932.jpg

[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-24 13:54 | 20070824槍ヶ岳
槍ヶ岳
c0127342_13514318.jpg

携帯もイオスも電池がピンチ
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-24 13:51 | 20070824槍ヶ岳
笠が岳
c0127342_11142243.jpg

[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-24 11:14 | 20070824槍ヶ岳
涸沢岳西尾根
c0127342_10225775.jpg

飛騨沢より
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-24 10:22 | 20070824槍ヶ岳
槍ヶ岳登山
c0127342_6364472.jpg

新穂高出発
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-24 06:36 | 20070824槍ヶ岳
矢田寺(4)石畳
石畳に落ちる木漏れ日。
蚊が多くて、立ち止まる度に刺されて閉口しました(^^;

c0127342_7274475.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
石畳でも、長い年月とともに踏み跡ができてゆく。


c0127342_7272314.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
石段の真ん中にステンレスの手すりが。
前からあったのかな?記憶にない。


c0127342_727305.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
波々模様は、雲母が先に風化するからなのかな?


c0127342_7362924.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
石段、落葉、パイプの影。
一番長生きできるのはどれ?


c0127342_727366.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
石段が輝く。


c0127342_7271755.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
ワンパターンですみません(^^;;
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-11 06:30 | 20070811奈良
矢田寺(3)石仏
矢田寺の石仏は古いものが多い。


c0127342_7192412.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
風化して表情が徐々に石に溶け込んでいく。


c0127342_7193020.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
もうほとんど表情のとれてしまっているが、花崗岩の模様が表情のようにも見える。


c0127342_7194189.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
耳が大きいなあ。


c0127342_7194856.jpg

EOS5D EF85mmF1.2LL
こちらは父の墓の近くのお地蔵様。
赤い布が新しい。
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-11 06:25 | 20070811奈良
矢田寺(2)紫陽花
高校生の頃まではただの古寺だったのに、いつのまにか紫陽花で有名になった。
紫陽花の季節だけは入場料を取るらしい。いまだにその頃には行ったことがない・・・


c0127342_715530.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
ラッキー。
まだ紫陽花咲いてました(^^


c0127342_7151523.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
夏の紫陽花の葉は、梅雨のころと比べて青々として光っている。


c0127342_7152174.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
虫発見!


c0127342_7152630.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
紫陽花ではないけど、こんな花も。
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-11 06:20 | 20070811奈良
矢田寺(1)
父の墓参のついでに矢田寺へ。
実家から歩いて15分だが朝からくそ暑いので車で。
そういえば、免許取ってから矢田寺行くのって初めてかも。

c0127342_762026.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
車を降りて、長い石段を登って矢田寺到着。
小学生のときに「耐寒駆け足」で走らされた記憶が。
そうそう。矢田寺は俗称で正式には金剛山寺だったな。


c0127342_762870.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
まだ朝の6時。陽が低いが、夏にしては空は澄み、日差しが強い。



c0127342_763440.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
土壁。
なぜかほっとするのは、奈良県人だからでしょうか。


c0127342_764926.jpg

EOS5D EF85mmF1.2L
墓。
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-11 06:15 | 20070811奈良
伊勢湾岸道
c0127342_14504243.jpg

帰省中
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 14:50 | 20070811奈良
無事下山
c0127342_1123223.jpg

ガスより先に下山(^O^)
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 11:02 | 20070810富士登山
登頂
c0127342_8175534.jpg

八時12分
[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 08:17 | 20070810富士登山
山頂
c0127342_84342.jpg

[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 08:04 | 20070810富士登山
9合目
c0127342_717252.jpg

[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 07:17 | 20070810富士登山
一服
c0127342_6364139.jpg

[PR]
# by kojiro-trip | 2007-08-10 06:36 | 20070810富士登山