後立山連峰縦走(5)星空
夜は晴れ。満点の星空。

c0127342_6231468.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
昼間はガスの中だったが、日が暮れて晴れてきた。
雲海の上に剣岳と星が。


c0127342_6233620.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
さそり座周辺。星を撮るために持参した50mmで。
それにしても固定撮影で銀河がここまで撮れるとは。さすがデジタル時代。
Hαの感度が低くて散光星雲が地味なのがさみしいが。


c0127342_6234944.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
明るい星は木星。赤い線は飛行機。
木星がいれは、F4でもAFでピントを合わせられるのでたいへんありがたい存在。


c0127342_624514.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
21mmで天の川。背景の山が明るいのは、山小屋の灯り。



c0127342_6241513.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
35mmで天の川。F4のズームでもここまで写る。
ISO1600なのでノイズはご愛嬌。


c0127342_6243048.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
唐松岳と、これから水を汲む姿勢の北斗七星。


c0127342_6244571.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
剣岳。稜線が一番下がったあたりに見えるのが富山市の夜景。


c0127342_6245351.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
↑から4時間後。
ほとんど沈んだ天の川。


c0127342_625312.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
↑とほとんど同じ方角。
星の撮影ではホワイトバランスがどうあるべきかは撮影者の好み次第。
↑は太陽光、これはカメラ任せ。


c0127342_6251052.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
白鳥座からたて座までの天の川。


c0127342_6251810.jpg

EOS5D EF50mmF1.8II
白鳥座。北アメリカ星雲もくっきり。
絞りF2.2では周辺部の収差が目立つ。。

c0127342_6252942.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
こちらは冷池から。
剣立山は少し遠くになりました。
横ノイズがうるさい・・


c0127342_6254632.jpg

EOS5D EF17-40mmF4L
爺が岳と大町の夜景。
[PR]
by kojiro-trip | 2008-08-01 10:21 | 200807後立山連峰
<< 後立山連峰縦走(6)朝 後立山連峰縦走(4)岩と雪 >>